【初心者向けギター講座】カノン進行を使った運指の練習

J-POPのヒット曲などで多用されていて、日本人にもなじみの深いカノンコード進行。『パッヘルベルのカノン』が由来だそうですね。

このコード進行、耳心地が良いだけではなく、実はギターの運指の練習にも使えるという優れもの。

今回はその練習方法を紹介してみたいと思います。

まずは基本のカノンコード進行

| C | G | Am | Em | F | C | F | G |

最初のキーは「C」ですが、これをC→D→E→F→G→A→Bと、順番に上げて弾いていくと

| C | G | Am | Em | F | C | F | G |

| D | A | Bm | F#m | G | D | G | A |

| E | B | C#m | G#m | A | E | A | B |

| F | C | Dm | Am | A# | F | A# | C |

| G | D | Em | Bm | C | G | C | D |

| A | E | F#m | C#m | D | A | D | E |

| B | F# | G#m | D#m | E | B | E | F# |

になります。

弾き方は8ビートでもアルペジオでも何でもいいと思います。

CからDとか、DからEみたいに、一音キーが上がったりするところは、J−POPのラスサビのキーチェンジみたいな高揚感があるんですよね(笑)

今回のコード進行の文字版とタブ譜、あとは7つ目の音を変えたバージョンのJPEG画像とPDFを作ってみました。何度か確認はしたのですが、間違っているところがあればご指摘ください。

印刷等ご自由にどうぞ♪

Normal Edition

kanon code word
kanon code tab

PDF(別ウィンドウで開きます)

kanon code wordのサムネイルkanon code tabのサムネイル

Arranged Edition

kanon code word arranged
kanon code tab arranged

PDF(別ウィンドウで開きます)

kanon code word arrangedのサムネイルkanon code tab arrangedのサムネイル

次回は省略コードを載せていく予定。よろしくです♪

Related posts

Post a Comment