【初心者向けギター講座】バレーコードがちょっとラクになります♪ 押さえ方の解説付き ” 7th系省略コード一覧表 6弦 & 5弦ルート “


No comments

ギター初心者がぶつかりやすい壁の一つがバレーコード。僕も同じくです(笑)

オープンコードで弾けるならいいですが、#(♭)はもちろん、カッティングにもバレーコードが向いていますね。

そこで、バレーコードを押さえるのがちょっとだけ簡単になる、6弦 & 5弦ルート音の7th系省略コード一覧表を作ってみたので紹介したいと思います。

 

一つ注意点として、省略コードは便利ですが、「弾かない弦がある = 出音(でおと)のパワーが落ちる」ということです。

なので、サビの一番初めのコードとかは省略せずに押さえた方がいいかもですね。

 

また、「本当にこの押さえ方で、そのコードになるの??」と気になる方は、こちらのサイト→ 作ろう! マイコードブック | ギターコード指板図くん で実際にその音を入力してみると確認出来ます。

今回はシンプルなタブ譜と、指使い入りタブ譜(6弦ルートのみ)のJPEG画像とPDFを作ってみました(A4サイズ。別ウィンドウで開きます)。何度か確認はしたのですが、間違っているところがあればご指摘ください。

印刷等ご自由にどうぞ♪

 

ではまず6弦ルートから

JPEG画像

easier code root6 black
easier code root6

PDFファイル

easier code root6 blackのサムネイル easier code root6のサムネイル

押さえ方の解説もしておきますね。

F7 〜 E7

KIMG0155

親指・・・6弦を押さえ、5弦をミュート

人差し指・・・4、3、2弦を押さえ、1弦をミュート

薬指・・・3弦を押さえる

 

もしくは、

KIMG0160

親指・・・6弦を押さえ、5弦をミュート

人差し指・・・4、3、2弦を押さえ、1弦をミュート

中指・・・3弦を押さえる

でもいいと思います。

F Major 7 〜 E Major 7

KIMG0164

人差し指・・・6弦を押さえ、5弦と1弦をミュート(5弦から1弦まで全部ミュートでも可)

中指・・・2弦を押さえる

薬指・・・4弦を押さえる

小指・・・3弦を押さえる

F minor 7 〜 E minor 7

KIMG0165

親指・・・6弦を押さえ、5弦をミュート

人指し指・・・4、3、2弦を押さえ、1弦をミュート

続いて5弦ルート

JPEG画像

easier code root5

PDFファイル

easier code root5のサムネイル

5弦ルートの方は押さえ方がシンプルです。6弦のミュートに関しては、人差し指で5弦を押さえながらミュートします。

 

てな感じです。

楽しいギターライフを送りましょう♪

Related posts

Post a Comment